なんとなくなにげなくな、津金由紀のあいまい日々。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年06月08日 (木) | 編集 |
鬼の居ぬ間に、次回公演の稽古が着々と進んでおります!
気づけば6月。本番まで1ヶ月切ってる驚きです(@_@)
すっかりblogもご無沙汰中で、
どうにか思い出し日記みたいに少しずつ過去分書いてますが…全然進まない!あわぁぁぁ。
って感じです。
(どんな感じだ)

しかしこのままではいけないので、
とにもかくにも鬼の居ぬ間にの公演のことを、
書いておきましょう!

私事に絞ってかくと、
今回も出演していません。
そして本番もほとんどいません( ;∀;)
本当もうすみません。

初日である5(水)と、土日の公演には受付入ります!
もし顔見たいなーなんてふわっとでも思って下さる奇特な方がいらっしゃいましたら、是非!日を狙ってご来場頂けると嬉しいです(笑)

私個人の予約フォームもちゃっかりあります(笑)
津金由紀 専用予約フォーム

とはいえそんなこと関係なく、
観に来てくださるだけで本当に嬉しいです!
制作ですから。予約管理はすべてしてますから。こっそり喜びます。


今回の鬼は、土蜘蛛がテーマ。
源頼光で有名な妖怪ですね。
去年見に行った大妖怪展でも展示されてました。
中央政権に反抗する勢力を風刺したともいわれる土蜘蛛。虐げられて、狭い穴蔵で朽ちていく、人々。

それをモチーフに、
トンネルを掘る土工夫と、女郎屋のお話です。
あらすじ読むとひしひしと匂ってきますが、とても痛くて辛い環境のお話です。

今回も、素敵な役者の皆様、精鋭スタッフ陣の皆様に集まってもらいました。本当に毎回感謝してもしてもしきれません。ありがたいことです。

今回も心の奥にずどんと落ちる物語を。
是非、夏のご予定のひとつに『鬼の居ぬ間に』をお入れ頂けますと幸いです。
そしてそして。
ご予約ご来場、心よりお待ちしております!





鬼の居ぬ間に
七、『土蜘蛛 ―八つ足の檻―』

脚本・演出
望月清一郎

【時】
2017年7月5日(水)~10日(月)
7月5日(水)19:30
7月6日(木)14:00/19:30
7月7日(金)19:30
7月8日(土)14:00/19:00
7月9日(日)13:00/18:00
7月10日(月)15:00
※受付開始・開場は、開演の30分前です

【於】
花まる学習会王子小劇場
(〒114-0002 東京都北区王子1-14-4 地下1F
 JR京浜東北線「王子駅」北口より徒歩5分、東京メトロ南北線「王子駅」4番出口より徒歩3分
 http://www.en-geki.com/)

【値】
前売3200円 当日3500円
全席自由

【出演者】
東象太朗(KAMAYAN)
植木希実子(三度目の思春期)
大沼亮吉(Studio Life)
小島明之(カムヰヤッセン)
佐藤大地
佐野陽一(サスペンデッズ)
瀧澤千恵(SkyTheaterPROJECT)
田中千佳子(チタキヨ)
長藤粧子
仁木紘(サムライプロモーション)
平川千晶
山川恭平(Peachboys)
吉田多希(鬼の居ぬ間に)
吉田テツタ

【スタッフ】
舞台監督・舞台美術 門馬雄太郎
音響 宮崎淳子(サウンドウィーズ)
照明 仲大盛桂子(Kiesselbach)
演出助手 中村葵
宣伝美術 麻草郁
映像 杉岡大樹
制作 中津育美/津金由紀(鬼の居ぬ間に)
企画・製作 鬼の居ぬ間に

【概要】
北国。

皮膚は擦れ、爪は割れ、腕も上がらず絶えず空腹が押し寄せる。石油くさい南京米を喰らい、どうにか飢えを凌ぎ、つるはしを振り下ろし岩を穿つ日々に明け暮れる。酷く爛れ、痛みと痒みが付き纏う膣に塗る薬もない。

顔や背に傷があれば値打ちが下がるからと、客の取れぬ日は足裏に焼けた火箸を当てられる。

穴ぐらに巣を張った蜘蛛は、虫の来ぬことを知っていたのだろうか。痩せ衰え、いずれの死を悟って、それでも虫を待ち続けたのだろうか。そこから、抜け出そうとはしなかったのか。

暗闇しか見つめなくなったこの目には、太陽は眩し過ぎるのだろうか。

『語るな、畜生』


~土蜘蛛伝説~
平安時代、朝廷へ楯突いた妖怪。
源頼光を暗殺しようとした土蜘蛛が、その正体を見破られ、洞窟へと逃げるも、頼光率いる四天王に退治される。

鬼の居ぬ間にHP
https://onino-inu-mani.jimdo.com/

こりっち公演ページ
https://stage.corich.jp/stage/83360
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。