なんとなくなにげなくな、津金由紀のあいまい日々。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年10月17日 (日) | 編集 |
とりあえず、
睡魔に負けることなく、
頑張って仕事しています。
わかる人にわかる話題(笑)



さてさて、とりあえずは観劇日誌。
昨日昼に連れて行って頂きました。

R:Mix『ストラルドブラグ』
atシアターサンモール



えーと、
法王庁に渦巻く陰謀と不死の実験体とレジスタンスのお話。
…ってだけ書くと、
なんじゃそりゃですね(苦笑)
でも、そういうおはなし。


メインどころの、
演技とか台詞の雰囲気とかが違和感、かなぁという印象です。
個々人の上手い下手の問題なのか、
つくりかたの問題なのか。
でもこちらのジャンルというか系統の芝居は、
なんか最近いつもこういう印象…うーんちょっと残念。。。

あと暗転が多くて歌入り曲が多くて、集中力が…あぅあぅ。

でも。
殺陣は綺麗でした。スピーディー。
そして一人一人、いちいち顔とかの見た目が綺麗で見惚れます。

あとあと、将軍がすごいよかったです。
声も、立ち姿も、動きも、はまってて、すごい安心感vv
付き従っている軍のお二人も、バランスやスタンスがすばらしく。
そこだけでぐっとこれました。
お子様が可愛かったですvv



色々と、勉強になりました。
結構タイムリーな話題の参考箇所が多かったのです。
見るとわかることって、ありますね。



こうやって色々見れば見るほど、
そしてそういったものについて話せば話すほど、
私の勉強不足が、
浮き彫りになりますですっ(滝汗)



好きということに関しては、俄然、胸をはれるのだけど。


それだけでは、
手を広げたり口を出したりまではできないですよ。

白菜の切り方がわからないみたいなね!
あ、いや、ただ切るだけはできますけど
どうしても80%以上の正解を考えてしまう。
でもそれがわからないから、包丁を持って固まる。
自信がないから切るという行為に至れない。
結果、どうしたらいいの?と聞く羽目に…。
なさけなや…


わからないということは、とても、怖いことですね。
知識は、必要です。

うぬぬぬ…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。