なんとなくなにげなくな、津金由紀のあいまい日々。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年04月19日 (木) | 編集 |
たぶん新入社員で入った時の一回以来、
ものすごい数年ぶりに、
業務中に泣いてしまった。
なさけない!ふがいない!は、はずかしぃ…!
ぶうぇっくぶうぇっく、てな感じでした。
泣き声は出ないけど、ずっとしゃくりあげてて、ぼたぼた涙落としてる感じ(笑)



死にくされ!な客に泣かされたわけじゃない。
ていうか私、声の印象から想像されるような、神経細い子じゃないですから。
むしろ売られた喧嘩は倍返しに報復ですから。
とにかく怒鳴り散らせば泣くだろうなんて、
そんな風に女の子を甘く見て憂さ晴らししてるヤツは不幸になれ。滅亡推奨。
上席の私がそんなんでひるむと思うなよ。
仕事してる人間なめんな。
という、ふざけんなこの野郎の怒り感情で涙出たのもあったけど。


直属じゃないけど、席の近い上司のさりげない優しさに、
もう思わず堪えてた涙腺決壊ぼろぼろ。
「大変だったね、お疲れ様」
なんて。肩ぽんって。
聞いてないと思ってたのに、心配して聞いてくれてて。
でも対応終わるまででしゃばらないで待っててくれてて。



なんて良い人なんだー。
惚れるわ!萌えるわ!

ぶぅわぁぁぁーーー

ありがとうございます。嬉しかったです。
やわらかティッシュもくれるんですもん。
さらにぼろぼろ。
そういう気遣いのできる男性素敵。



悲しい時はさほど泣けなくても。

感動したり。
悔しかったり。
嬉しかったり。

すると、いともあっさり涙出るもんなんですね。
そういえば、芝居の時も、
悔しい思いを訴える時の方が涙出そうになるかも…こないだの客演もうるうるしたし。
ふぅむ、そうか。そういう作りか…となんとなく咀嚼。
もぐもぐ。
いんぷっと
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。