なんとなくなにげなくな、津金由紀のあいまい日々。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年05月27日 (月) | 編集 |
先週から今週にかけて、
本当にたくさんこれでもか!!ってほどに宣伝いただいていたり、
するのですが。
稽古もあるので(T_T)
ほとんど落選状態に陥って大量にごめんなさいメールしたり、
逆に見に行こうと思った知り合いの芝居が満席でがっくりだったり。
なんか、そんな日々です。

でも、そんな中、まさかのタイミングで、
キャラメルボックスだけ見に行けちゃったりして。
元気でました。
泣きました。
こういうストレートなのに、弱いの!
わかってるの、泣ける話だもんね、でもまんまと泣くぜこだわりなく泣いてやったぜ。



てか、
すっごい残念な話、
なんですけど。
キャラメルボックスって、
小劇場の役者さんと話していると
意外と結構な頻度で「えー…好きなんだぁ…(微妙なまなざし)」
という扱いを受けます。
なにゆえ!?!?
好みの問題なのであれば仕方ないんですけど。
「私は」好きなだけなので、私の好みの話なので。
あと前は好きだった的な反応であれば、役者の入れ替わりあるのでわかるのですが。
でもなんかそういう意味じゃなく言われてる気がすることが多い。
でもさ完成度でいえばもちろん規模の上で当然ですが小劇場の比ではないだろうと。
そして劇団カラーの完成度も高いのですよ。
でもまぁ高校演劇だよね、というような、話もされます。
…まぁジャンル?はそうなのかもしれないですけど。
高校演劇って、意外と面白いのあるよ?と思う。
まぁ、何がどうということを、
言いたかったわけじゃなく、つらつらと。
なんか、
いいもの観たと思ったのに、否定されるのが悲しかっただけなの。
いやいや、
私はよかったと思ったんだから、
そんな言葉たちに振り回されることないんですけどね!!!



うにうに。
そんなこともあるので、
やはり、お芝居って、難しいですよ。
でも、好みはさておき、
完成度というのは、同じ秤で見れるものだと思うので。
そこは達成したいですね。


がんばろう。
がんばろう!
経過より結果。
そこがいっとうむずかしい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。