2018 081234567891011121314151617181920212223242526272829302018 10













スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

思い出の写真たち

ということで引き続き。
写真を続々とあげますよー!


はじめて、私個人を対象として、しかも役のイメージで花束を頂きました。
ルックスやポジション的に、そういう待遇を受けないタイプの人間なので、もう本当に嬉しくて嬉しくて。あまりの嬉しさに嫌いな写真まで撮るというはしゃぎぶり(笑)

ひろえちゃんとの可愛い写真。うふふ。

そしてこちらは男性陣あてのお酒。
私が演じた、栄という役のイメージですって!
嬉しさを越える……っ。


初日にもかっこいいお酒頂いていて。
本当にありがたいですっっ。


前回の土蜘蛛で、アフタートークゲストしてくださった蛭田先生が、遥々観に来て下さいました。
それだけでもありがたくて大喜びなのに、
お土産まで!


私のベストオブお土産!!!
愛してやまないレーズンサンド(* ̄∇ ̄*)


こちらは、
望月がまさかの出演をした&土蜘蛛に出てくださった、きみさん所属、
三度目の思春期のお姉さまがたから。

はらぺこ役者がむさぼりました。

他にもパンとか最中とか、両親からは要望言って太巻き&おいなりさんとか(笑)、色々もらったけどほとんど撮る前に食べちゃった💦💦


続いて舞台。

暗さがまたたまらないー!
この雰囲気最高ですね。


冒頭、私ひとりで、あの障子の後ろを、子守唄うたいながら歩いてるんですが。その光景が、特に夜はすごい怖いんですよ!
ということで、本番中はとれないので、終わったあとに撮影させてもらいました。


伝わりますでしょうか…。
実際は部屋の電気が消えてるので、夜は本当に足元のキャンドルライトだけです。
ちなみにこれ、真後ろには鏡という、怖さ抜群( ;∀;)
でも、この道を歌いながら歩くことで、
なんか色々そぎおとされてすーっと入れてた気がします。


あと、今回私が切ったり遊んだりしてるお人形。
自作しました(笑)
休演日には一回首作り直したりもしました。稽古本番重ねるたびにリアルにぼろぼろの素晴らしい雰囲気をまとってくれた子。

ひろえちゃんと島田さんが写真集作ってくれたので、鬼のブログに近々あげようかなと思います。興味ありましたらそちらを(笑)→鬼の居ぬ間にブログ

ここでは厳選の2枚だけ。

これが一番全身映ってたので。

ひろえちゃんが持ってきてくれた着物の裏地とかをめちゃめちゃ駆使しました。首は演出仕様でぐでんぐでん。

撮影。こらっ、てしてみた。

これ可愛い。土下座かわいい。

愛着がわいていたものの、やはり手元に置くのも気が引けたので、終わったあとは望月家に送りました。ありがとう。


最後に、
休憩中のオフショット。

古民家って寒くて!!
ホットカーペットは客席に敷く分しかなかったので、休憩中はみんなここに集合してます。

舞台から客席を見るとこんな感じ。

みんな可愛らしい。ほっこり。
ちなみにこれ、全ステ終了してへっっとへとで、
『バラシ前に一回休もう!ちょっとだけ休憩しよう!』
と休憩してる図です(笑)


そして打ち上げ!
公演時間がとても早かったので、打ち上げ時間は存分で、ご飯もめっちゃおいしく、本当に楽しい時間を過ごしました。

ビューティープラス感が強い写真だ(笑)


こんな感じでした。
準備期間も稽古期間も短く、怒濤のように終わってしまった印象ですが。
とてもとても楽しく、素敵な時間でした。


本当にありがとうございました。


今年最後になるかなこのブログ。
うまくいったら年末もう一回くらい書きます。

が、保険で(笑)


今年も大変大変お世話になりました。
まさかの本厄の年齢。
役者してないくせに、なんとなくあやかって厄落とししてなかったんですが、
もしかしたらそのおかげで今回お芝居出れたのかな?なんて、思ってます(  ̄▽ ̄)。
だから来年は厄落としするつもりです(笑)

そんな来年も。
何とぞご贔屓に、よろしくお願いいたします!!!




[ 2017/12/16 ] 芝居 | TB(0) | CM(0)

終演。ありがとうございました!

大体において自分の方を忘れがちになるので、
珍しくこっちから書き始めましょう(笑)
とかいたのに結局後回しで、今に至る……反省。

ということで改めまして。

鬼の居ぬ間に
『座敷わらし ―眠るは我が愛し子―』
先々週、無事に全日程を終了いたしました。

本当に本当にたくさんの方に感謝を!
お届けしたい!!!

2月に本公演を控えてる関係もあり、
番外の位置付けで、少数精鋭、しかも今となっては珍しいキャストでお送りしました。
大好きなメンバーに囲まれてうはうはでした(笑)

今回の私の最大ミッションは、
『美吉弘恵を出演させること』!
叶いました!いやぁよかったー!
やはり彼女が舞台にいると違うですよ。
相変わらず舞台上でふつうの会話をすることは叶わなかったですが(笑)

私も今回、久々の復帰。2年ブランク…かな?
なのに今までふられないような役を頂きましたよ。
根っからのモブなので前に出る怖さ。
もうねーぶっちゃけねーすごい困った!!!
人の注目を集めるの苦手(苦笑)
しかも役的に、みんなに「自由にやっていいよ」と言われるのですが、皆にとっての自由は私には不自由なんです。それって個人の枷で人格形成の問題だから理解してもらえないの当然でそれはいいんだけど。だからすごい困惑しました。人の顔色伺っちゃだめなんだもの。模範正解もないんだもの。

けど、
なんか色々話聞いたりアドバイスもらったり、稽古してみたり本番してみたり、で。


出来たんじゃないかなぁと。
思ってます。
また新たな楽しさを知ったかもしれない。
ありがたやありがたや。


久々に出るということで、公演案内の仕方も忘れてしまっていて、だからごくごく身内な方々にしか連絡できませんでした。でもみんな来てくれて…本当に…感謝しかありません( ;∀;)
見れてよかった、とかも言って頂けて。もう。皆様のおかげで細々とでも活動できてます。
本当に本当にありがたい。


ということで久々の役者活動も無事に終了。
また当分、裏に潜みます(笑)
本公演もすぐ間近なので💦💦
来年2月ですよー!!!よろしくですよー。

次は、前々から密かに言ってる鬼女子の三人芝居を目標にしたいなぁ。古民家でひそやかにきゃいきゃいと。やりたいなぁ。と思いながら。


ご挨拶ブログはこれにて。


本当に本当に本当に。
ありがとうございました!




[ 2017/12/16 ] 芝居 | TB(0) | CM(0)

道案内とか。

あまり劇場を知らない友達とかも呼んだりするし、
劇団のお客様の中にはそんなに観劇回数重ねてないかたもいるかな、
と思って。
毎回、道案内ブログを書いているのですが。

まぁ、いかんせんね。
方向音痴なんですよ自分。
人に道を説明するのが一番苦手なわけで。
だから道案内ブログを自分が担当していることが本当に心苦しい今日この頃……。

でも最近!
腕をあげてきたなと思うのです(笑)

ということで、
出来ましたー!
こちら
http://ameblo.jp/onino-inu-mani/entry-12331473326.html

今回の、座敷わらしの会場である、
古民家asagoroまでの道案内です。
どこらへんが腕をあげたって、
写真に矢印を書き込んだことです(  ̄▽ ̄)(爆)

私の方のブログだけ見てる人は少ないかなと思うので、リンクで失礼しちゃいますね。


なかなか最近ブログ書けない……。
長い文章を書くことが苦手になってきたのかなと思うと、歳かな……って感じますね。
公演終わったら今度こそ、
絵描いたりピアノ弾いたりそゆことにいそしむ時間を作ろうと思います。

とりあえずは今週水曜から!!!
本番です!
ご都合あうかたは是非!よろしくお願いいたしますっ。



★ ★ ★
鬼の居ぬ間に 
 『座敷わらし ―眠るは我が愛し子–』 
脚本・演出 望月清一郎 

【時】2017年 
11月29日(水)17:00 
11月30日(木)14:00/17:00 
12月 1日(金)休演日 
12月 2日(土)12:00/14:30/17:00 
12月 3日(日)13:00/16:00 

受付開始・開場は開演30分前 
上演時間は60分を予定 
※お履物をぬいでのご観劇となります 

【場】 
古民家asagoro  
(西武新宿線 鷺ノ宮駅 徒歩10分 http://www.asagoro.com/) 

【値】 
前売2,000円 当日2,500円 

 ★ご予約はこちらから★ 
津金由紀 予約フォーム
※座席数が少ないためお早めのご予約をお願いいたします。 

【出演】 
美吉弘恵 
津金由紀 (以上、鬼の居ぬ間に) 

島田雅之 (かはづ書屋/ DART‘S) 
山本佳希 

【あらすじ】
古くから貧しい寒村にとっては、子供は毒であり薬である。 
七つを過ぎれば、良く働いて家に福を運んでくる。 
しかし、育たないうちは毒である。 
余り貧しくして、育つ算をつけられぬ幼子の此れを薬にする方法は、その子を祀ることにある。 
祀り、その霊魂を神の使いとして即ち精霊として崇めれば、その家に福をもたらすと云う。 

その村は貧しかった。 
昼夜問わず働いて、やっと僅かばかりの米に在りつける。 
一人子供が産まれても、食い扶持が増えるだけであり、貧しさに拍車がかかる。 
まさに毒である。 
しかし反面、薬にもなりえるのである。 
世情に嘆き、道徳を嗤いながら、親たちは福を運ぶ薬を作り上げる。 

せめて眠る愛し子は、その魂を全うしこの地に栄をもたらしてくれと願うのみ――。 

【問合せ】 
企画・製作 鬼の居ぬ間に 
oninoinumani02@gmail.com 





[ 2017/11/26 ] 芝居 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。